HOME 工法と性能 工法について

工法について

長建社ではRC造(鉄筋コンクリート造)が得意なほか、木造軸組み工法の実績も多数あります。

RC造・鉄筋コンクリート造の特徴

鉄筋コンクリート造とは、その名の通り「鉄筋」と「コンクリート」を一体化させる工法のことです。コンクリートは「圧縮する力」に強いという特徴を持っています。一方で鉄筋は「引っ張る力」に対して強いのです。この2つを組み合わせることにより、高い強度を生み出しています。耐震性・耐久性・耐火性に優れた工法で、自然災害の多い日本では一番適した工法と言えるでしょう。
構造鉄筋コンクリート造には「ラーメン工法」と「壁式工法」がありますが、戸建住宅には、柱形や梁形がない壁式工法が適していることの方が多いと言えます。長建社ではどちらの工法も経験豊富ですので、適材適所で判断し、ご提案致します。

木造軸組み工法の特徴

木造軸組工法とは日本の昔からの伝統的な建て方で「在来工法」とも呼ばれます。柱や梁、筋交いで住宅を支える工法で、「木」を組み上げて建てていきます。過去には耐震性の問題がありましたが近年では接合部に金属部品等を付けることによって耐震性を高めた施工が可能です。
長建社では、ただの「金具」ではなく、RC造のノウハウを生かし、鉄筋を組み合わせるオリジナルの工法を開発するなど、技術を高め、さらなる強度の進化をめざしています。

長建社はRC住宅の設計・施工が得意です

私たちは地元で長く家づくりをしてきました。RC造も木造軸組み工法も、どちらにも対応できる技術力を持っています。施工事例の数も、RC造と木造軸組みが半々です。しかしながら「どちらが得意か?」と聞かれると、私たちはコンクリート造の方が得意です。 長建社の社名の由来は「長く住み続けることができる家を造り、建物を愛することができるデザインで、社会に貢献する」という社名でもあり、「長く住み続けられる家」つまり耐久性が高い家づくりをめざした結果、鉄筋コンクリート造の住宅造りにたどりつきました。
家は、住みやすく快適であること、そして安心・安全であることが大切です。
長建社では、住めば住むほど愛着がわき「この家で良かった!」と言っていただけるような住まいをご提案して参ります。

住んでこそわかるRC住宅の魅力

私は幼少の頃からRC造のデザインハウスに住んでいます。
住み始めてかれこれ30年以上になるでしょうか。鉄筋コンクリート造独特の「ブレ」のない安心感。どっしりとしたあたたかみのある住まいの良さを、日々実感しています。
長建社が建てる家は、ただのRC住宅ではありません。木造を手掛ける会社だからこそできる技術力で、内装には無垢材を使い、温もりとデザイン性が調和した、愛着が持てる住まいです。
この住まいの魅力を皆様にもぜひお伝えしたいと思っています。 長建社 長妻宏明

お問い合わせフォーム
Page Top